スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
何となく今まででたレアを振り返る
きゅうに、何となくふと、今まで出たレアを振り返ってみた。
何処の場所に集中してでてるかなーーっと思ってみたでしけど。。。
バラバラだなぁーっとおもったでし。

サイエフ平原 鉄楯
中央平原   羽靴
初心者洞窟  回復首
サイエフの洞窟6階 クリ杖 ウェル火指 破砕首
カビ森     魔保護首
レイブル    クリ杖
ルクレシア     ウォーアクス  タルロスシューズ+1
海岸      エブ首  堅固指
レゲ洞窟2階  珍品武器の数々


いままで出たレア約2年でこれだけっていいのか悪いのか
いまだかつて服やら、ヨロイ系ってでたことないなぁーっとふと思ってみたり。
最近の野望は、古代杖w
でないでしねぇー。。

レア狩りしてもでないものだけど、いきなりぽろっとでたりするんでしおね。。。
それをならって日々がんばるデシオ^^

スポンサーサイト
【2006/08/15 01:00 】
ガディウス | コメント(2) | トラックバック(0)
止まらん・・・・笑
ここにいて
壊れそうな私を抱きしめて
眠らせて
もう二度と目覚めたくないから

そっと伸ばした小さな両手
何をつかめると言うの

一人ぼっちで
落ちていく私の
小さな祈り
誰か気づいて

彼方が思うほど
私強くなんかない
一人にしないで
おいていかないで
震えるからだ
どうしてとめたらいいの
判らない

何も聞こえない
この広い世界で
私の小さな吐息は
やがて溶けて消えてしまうでしょう

忘れないで
今此処にいること
生きていたこと
春が来たら消えてなくなる命
星に願いを月に祈りを
捧げて

やがて朝の光と共に
再び蘇るその日まで
笑顔絶やさずにいて
きっと
傍で見守っているわ
彼方が強く生きていけるように
私は歌い続けるでしょう
風なっても
消えてしまっても
ずっとずっと
歌い続けるでしょう


【2006/08/06 01:27 】
吹雪の詩。~冷やかしは禁士~ | コメント(0) | トラックバック(1)
なんだか言葉が頭につく日だな
お日様ぽかぽかいいきもち
白いドレスに着替えて飛び出した
青い空
虹色のキャンパス広げたら
両手いっぱいのキャンディーが降った

仔猫のようにあてもなく
テクテクテケテケ歩いていこう
お菓子の城をみつけたら
ドアにがぶっと噛み付こう


夢見た日々は綺麗で美味しくて
涙も甘いチョコレートになる
お兄様の手をとって
一緒に並んで歩きたい
少しつまずいて転びそうになったら
ぎゅっとつよく
抱きしめてほしいの

今日は少し疲れちゃったよ
一緒にお昼ねしようよ
目が覚めたら
甘い甘いアイスクリーム食べたいな

【2006/08/06 01:16 】
吹雪の詩。~冷やかしは禁士~ | コメント(0) | トラックバック(0)
身体を蝕むノイズ
聞きたくない声が響く
うるさい少し黙ってろ
偽善者ぶった奴らの
皮肉含んだ笑顔

消えてくれ
何もかもが鬱陶しい
誰も入ってくるな
知ったかぶりは簡便して
少しは遠慮しろよ
俺のことに口だすな

馴れ合い続けた
お前の傷が俺には心地よくて
血を流すお前の唇に口付けた

愛なんていらない
クソ食らえ
ままごと遊びも飽きてるんじゃない
快楽だけ与えて

なにも見えなくして
壊してしまえ
心の声押し殺して
闇の中を切り刻んで
ほら25時の鐘がなる

(血まみれのピエロが踊るパントマイム
鏡に映る姿が消えていく
死神に魂を捧げて
やがて。。。。。。
【2006/08/06 01:09 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
またまた懲りずに詩う、。。。。
月のない部屋の片隅          月のない夜を数えて
膝を抱えて祈り捧げた         声をなくして眠りつく
わけもなく溢れ出る涙の意味      意味もなく紡ぐ言葉の意味
探していた              彼方気づいてる
     
誰か愛してください          彼方愛してください
震えるからだを            静かな夜は
抱きしめる指先            一人でいるのが怖くて    
夢見た綺麗な夕日は          今も消えない夕日の
あまりにも              面影は    
遠すぎて               胸を締め付ける             
届かない思いを            届かない思いを
胸にそっとしまって          伝えきれずに隠して
もう一度笑顔みせてAaa         もう一度笑顔作ってAaa
落ちていく回る輪廻の世界 落ちていくキオクの欠片辿り
                   一人眠りに着く
【2006/08/06 01:00 】
吹雪の詩。~冷やかしは禁士~ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。